学校法人法華学園 興隆学林専門学校 学校法人法華学園 興隆学林専門学校 会員専用資料室

学林で学ぶ

教学の道場

自ら考え、幅広く活躍できる僧侶を育成。

宗学科(2年制)

僧侶としての基本を修得する。

ほとんどの学生にとって、学林での学びはこの宗学科から始まるため、まずは僧侶として最低限身につけておくべき、基礎的な事柄を中心に学んでいく。授業では、仏教の概要や歴史的な背景とともに、宗祖の三大部のひとつ『立正安国論』の読解を通じて、日蓮聖人のお考えにふれ、法華宗僧侶としての基本にふれる。また、朝夕のお勤めや錬行など、僧侶の基本動作を身につける機会も提供している。

宗学研究科(2年制/1年制)

独自の見識を備えた僧侶を目指す。

宗学科での基礎を発展的に引き継ぎ、法華宗の教義内容をより深く理解していく。宗学科で学ぶ『立正安国論』とともに宗祖の三大部を構成する『開目抄』『観心本尊抄』を読み解くなど、日蓮聖人による教えの本質に迫ろうと試みる重要な期間である。特に『観心本尊抄』の研究に力を入れているのは学林の特色である。また、同研究科は卒業論文が必須である。その課題研究は、独自の見識を備えた僧侶への第一歩となる。

※【入学資格】宗学科修了者で、大卒資格をもつ者は修学年限1年。それ以外は2年。修士号以上の称号をもち学林が認めたものは研究科からの入学が許可される場合がある。

聴講生制度

興隆学林では、一般社会人などを対象に、聴講生も受け入れている。法華経の僧籍をもつ保証人がおり、学費納入など所定の手続を完了すれば、本校の科目を聴講生として履修することができる。

pagetop